ゼロファクター ひげ脱毛

ゼロファクターとひげ脱毛ってどっちがいいの?

ひげに悩んでいる方は一度はひげ脱毛を考えたことがある方も多いのでは?でもそこまでの手間は…という方に人気なのが、ゼロファクターです。どのような違いがあるのでしょうか?

 

ゼロファクターは毎朝のひげ剃りで使用することが必要です。効果をさらに上げたい方は、1日2〜3回の使用がいいとされています。毎日と聞くと、面倒に感じますが、普段使用しているものをゼロファクターに変えればいいだけなんです。

 

ひげ脱毛の方はというと、週に1回ほどのペースでサロンやクリニックに行く必要があります。予約・カウンセリング、肌チェックを経て脱毛することになります。丁寧にカウンセリングをしてくれるところを探すこともポイントです。通いやすい場所にあればいいのですが、遠いとなると、最後まで通えるか心配になりますよね。

 

ゼロファクターの使い方は面倒くさくない?

ゼロファクターを使ったひげ脱毛には何か特別な段階が必要なのでしょうか?毎日使うものなので、手順が面倒だと続けられませんよね。でも実はかなり簡単な使い方なんですよ。

 

☆ゼロファクターの使い方☆
@洗顔
Aひげそり
Bシェイビングジェルを洗い流して水分を拭き取る。
Cゼロファクターを顔に馴染ませる。

 

簡単ですよね!清潔な肌につけるのがポイントです。

 

夜に使用する場合も、入浴後などの清潔な肌に馴染ませるだけでOKなんです。本当につけるだけでいいので、面倒に感じることなく続けられます。

 

ひげ脱毛はどのくらい通う期間が必要?

ひげ脱毛は施術方法やひげの量によって必要な期間が異なります。例えば、フラッシュ脱毛と呼ばれる方法は永久脱毛ではないので、通うのを止めればひげは生えてきます。

 

週に1回のペースで通うと、早くて半年から1年程といわれています。だんだん薄くなってきたら、通う間隔をあける場合もあるようです。男性脱毛サロンのリンクスはフラッシュ脱毛を受けることができます。

 

TBCでは、ニードル(針)脱毛を取り入れている場合があります。こちらの方法は半永久的な脱毛が可能です。しかし、脱毛できる箇所がフラッシュ脱毛より狭いです。

 

1か所あたり、200本程です。面積でいえば2センチ×2センチほどです。青ひげが全体的に広がって悩んでいる方だと、2年くらいかかると覚悟しておいた方がいいかもしれません。そしてニードルは痛いです。

 

自宅とサロンとどっちが楽チン?

自宅で自分でゼロファクターでひげ抑毛と、サロンでの脱毛はどっちが楽チンでしょうか?

 

サロンはプロに施術してもらうので、自分での手間はかかりません。しかし、通う手間がかかります。さらに自分に行きたい日に予約が取れなかったり、通う時間がなかなか取れない方も思うように進まないかもしれません。

 

またプロの施術を受けるので、費用も高額になります。

 

通うのが面倒になる可能性があるのなら、通販で自宅にいながらケアできるゼロファクターの方が楽ちんだといえますね。

 

まとめ

サロンでのひげ脱毛と、ゼロファクターでの自宅でのケアはどちらにもメリットとデメリットがありますね。サロンに行くことになっても自宅でのケアは何にもしなくていいという事ではないので、私的にはゼロファクターの方が楽ちんだと考えます。

 

どちらにしても続けることが一番大切ですね。